メリットとデメリットはしっかり把握しよう

おまとめローンは、多くのメリットを持つと同時にデメリットも存在します。どちらもしっかり把握していないと負担を減らすどころか、増やすことになりかねません。利用する前に情報を集めることで、リスクを大分減らすことができます。おまとめローン低金利のメリットとデメリットとは何かを見ていきましょう。

おまとめローンには、大きく分けて二つのメリットがあります。それは、返済額の軽減と返済日の統一です。
おまとめローンは、今ある借金よりも低金利なところでまとめるのが常識です。バラバラだった借金をひとつにまとめることで借入金額は大きくなりますが、そのかわり適応される金利が以前よりも低くなりやすくなるため利息をさらに減らすことも可能になります。元金の合計は変わらないものの、利息を減らすことで総返済額を減らすことができるのです。
返済日が統一されればそれだけ管理がしやすくなり、毎月複数回返済しなくてはならないというストレスからも開放されます。さらには、うっかりしていて返済を延滞してしまうなどのミスを減らすことができ、信用情報にブラック情報が登録されてしまうリスクも減らすことができます。なにより、おまとめローンを申し込むときは返済プランを見直す良い機会となり、より具体的に完済までの見通しが分かりやすくなります。

デメリットは、審査に時間がかかること、返済が長引くことがあるということです。
おまとめローンは借金をしなおすことになるので、当然審査に通らなくてはなりません。しかし通常のキャッシングやカードローンなどと比べると、必要となる書類の数や審査にかかる時間が増え、審査の難易度も跳ね上がります。場合によっては融資を断られることもあるので、問題になる行為や借入件数などには特に注意する必要があります。
返済金額や返済方式によっては返済が長引くこともあり、それに連動して総返済額が以前より増えてしまうこともあります。月々の返済額が低く設定されていると顕著にこの傾向が現れるので、繰り上げ返済や一括払いができるかも確認しなければなりません。

基本的におまとめローンは返済専用のローンであるので、それ以外の用途で利用することはできません。新規借り入れもできなくなるので、万が一のときの対策がとりづらくなります。しかし、裏を返せば借金を増やすことがないので、返済に集中することができるということでもあります。また新規借り入れを行なうと契約違反として扱われることが多いので、利用しなくて済むように対策を考えておくと良いでしょう。