カードローン審査基準を通るには?

カードローン審査基準を通るには?

カードローン審査甘い業者からお金を借りたいと希望する方はだれでも審査に通りたいと願うはずです。確実に審査に通るための条件には何があるのでしょうか?
次のような方は審査に通りやすい方です。
・はじめてカードローンを作る方
・安定した収入がある方
・過去に返済の延滞をしたことがない方

一方、次のような方は審査に通りにくいと考えられます。
・他社にも借り入れをしている方
・過去に返済の延滞をしたことがある方
・無職や専業主婦などの収入が全くない方
・過去に金融事故を起こした履歴をもつブラックの方

審査のポイントとは?

・年収・・・借入額の限度額の判断に影響します。
・勤続年数・・・長く同じ会社で働いている方が有利。長ければ長いほど審査には有利になります。1年未満は難しいでしょう。
・住居形態・・・賃貸より持家の方が有利です。
・電話・・・携帯電話だけでなく固定電話もあるなら審査に通りやすくなります。

絶対にしてはいけないことに、複数の貸金業者に同時申し込みをすることがあります。審査に落ちるかもしれない、急いでいる、などの理由から複数の会社に同時に申込みをする人がいますが、個人信用情報機関には申込み記録がいくつも残ってしまいマイナスイメージを与え審査に不利になります。また、申し込み書に虚偽の内容を申告して、それがバレるなら確実に審査が落ちるでしょう。特に年収、勤務期間などには気を付けて正直な申告をするようにしましょう。さらに申込書の不備はなくすように記入漏れには気を付けることも大切です。

メリットとデメリットはしっかり把握しよう

おまとめローンは、多くのメリットを持つと同時にデメリットも存在します。どちらもしっかり把握していないと負担を減らすどころか、増やすことになりかねません。利用する前に情報を集めることで、リスクを大分減らすことができます。おまとめローン低金利のメリットとデメリットとは何かを見ていきましょう。

おまとめローンには、大きく分けて二つのメリットがあります。それは、返済額の軽減と返済日の統一です。
おまとめローンは、今ある借金よりも低金利なところでまとめるのが常識です。バラバラだった借金をひとつにまとめることで借入金額は大きくなりますが、そのかわり適応される金利が以前よりも低くなりやすくなるため利息をさらに減らすことも可能になります。元金の合計は変わらないものの、利息を減らすことで総返済額を減らすことができるのです。
返済日が統一されればそれだけ管理がしやすくなり、毎月複数回返済しなくてはならないというストレスからも開放されます。さらには、うっかりしていて返済を延滞してしまうなどのミスを減らすことができ、信用情報にブラック情報が登録されてしまうリスクも減らすことができます。なにより、おまとめローンを申し込むときは返済プランを見直す良い機会となり、より具体的に完済までの見通しが分かりやすくなります。

デメリットは、審査に時間がかかること、返済が長引くことがあるということです。
おまとめローンは借金をしなおすことになるので、当然審査に通らなくてはなりません。しかし通常のキャッシングやカードローンなどと比べると、必要となる書類の数や審査にかかる時間が増え、審査の難易度も跳ね上がります。場合によっては融資を断られることもあるので、問題になる行為や借入件数などには特に注意する必要があります。
返済金額や返済方式によっては返済が長引くこともあり、それに連動して総返済額が以前より増えてしまうこともあります。月々の返済額が低く設定されていると顕著にこの傾向が現れるので、繰り上げ返済や一括払いができるかも確認しなければなりません。

基本的におまとめローンは返済専用のローンであるので、それ以外の用途で利用することはできません。新規借り入れもできなくなるので、万が一のときの対策がとりづらくなります。しかし、裏を返せば借金を増やすことがないので、返済に集中することができるということでもあります。また新規借り入れを行なうと契約違反として扱われることが多いので、利用しなくて済むように対策を考えておくと良いでしょう。

無利息期間の無いモビット、それは大きなマイナス要素?

消費者金融や銀行カードローンの中には無利息期間を用意しているキャッシングがいくつかあります。
多くの場合には初めての申し込みで30日間無利息になるというものですが、その無利息期間がないモビットは大きな損なのでしょうか。

初回利用時に30日間無利息、確かに利息を抑えることができますが大きな得というわけでもありません。
そもそも消費者金融で借り入れる金額は総量規制があることももちろんですが、銀行カードローンに比べて高金利であるため少額のキャッシングを短期返済できるときに利用するものです。
そのため、それほど大きな金額を借り入れることには向いていません。
例えば10万円を消費者金融から借り入れたとして、30日分の利息が無料になるとすればいくらの得があるのでしょうか。
利息の計算方法は借入残高×金利÷年間日数×利用日数です。
そのため10万円を金利18.0%で30日間借り入れたとすれば利息は1,479円です。
返済期間の中で無利息期間を使って得をするのはこの1,479円ということになります。

それほど大きな金額ではないということがお分かりになったでしょうか。
例えば利用日数を節約して利息を減らすなど、返済期間中にどれだけ利息を抑えるための手段があるのか、それを検討した方がよほどに得であると言えるでしょう。
モビットであれば、三菱東京UFJ銀行インターネットバンキングを使って手数料無料で返済をしていくこともできます。
無利息期間があることだけがキャッシングを快適にするわけではないということです。

モビットの口コミまとめ|モビットで借りるために知っておきたいことはこちら